雄飛・創造・すぐ実行

私の主張

「野茂英雄」の日経新聞「春秋」欄を読んで ( 2008/07/19 )

スポーツニュースの中でも特に米国で活躍している野球選手のニュースに一番興味を引かれる。日本人も野球の本場「米国メジャー」で通用するかと思うとついつい日本人としての誇りが沸いてくる。

 

自分もいい年になった。と同時にスポーツニュースも時代の変遷を感じざる終えない。若い選手が次々と輩出してくる。満足と同時に野茂投手のように精神力だけでは通用しなくなるちょっと寂しい。ついつい、「野茂投手」ガンバレと叫びたくなる。

 

同時に現在、日本の若い野球選手が実力しだいでメジャーに移籍できるようになった。この現実を考えるときに野茂英雄をぬきに考えることが出来ない。野茂選手は投手としての実績とメジャーへの移籍の先駆者でもある。

 

スポーツニュースで華々しく活躍する日本選手の映像を見るときに、如何ほどの日本人が野茂選手の存在を想い起こしてくれているだろうか。そして又

メジャーで活躍している日本人選手が・・・・・。

 

中国の古事に「中国人は井戸の水を飲むときには井戸を掘った人に感謝をする」と言う古事がる。

 

今、「人に感謝する気持ち」が日本人に忘れられたような気がする。

久々に08.7.19の日経「春秋」欄に野茂選手について、・・・球界ならずとも、これほど一途なパイオニアが私達の社会にどれだけいるだろうか。その人が今、長く苦しい旅路をおえた。と言って閉じている。

 

私にとっても久々の心躍る文字を目にすることが出来た。

「野茂英雄投手」日本の将来を担う子供達に野茂精神を伝授してほしい。

08.7.19

(後日談)

メジャーリーグ挑戦を表明した時、野茂はバッシングの嵐にさらされた。

日本プロ野球組織の事務局はメジャーリーグ事務局に対して日米間選手契約に野茂の交渉のやり方に違反があるのではないかと横やりを入れたとの事。又,吉国コミッショナー(当時)は「第二の野茂をだしてはならないと」12球団に通達を出す等「国賊」扱いだったが野茂が移籍1年目にオールスター出場が決まるや、「日本のコミッショナーとして誇りに思う」と野茂に電報を打ったとの事。野茂曰く「こうゆうのを掌返しと言うんでしょうね」と言ったらしい。

当時のドジャース会長は「やたらリップサービスをする選手が多い中、ノモは多くを語らない。ノモの表現方法は言葉ではなく、右腕なのだ。彼はアメリカ人が忘れかけていたタイプのニューヒ―ロである」と言ったとの事。(文芸春秋8月号)

今の日本にもよくある話ではないだろうか。

人間と人間の真の付き合いには「リップサービス」なんか必要ないようなー。

この記事についてのご意見ご感想

タバコ1箱を1000円にする? 冗談でしょ! ( 2008/07/14 )

百害あって一利なし。喫煙は癌になる確率が高い。確かに統計的にはそうかもしれない。別に異論はない。時には日本でも(世界でも)長寿日本一とは焼酎を飲んでタバコを吸って長生きをしてる。何でも「適度」と言うことがベストを保つ事なのかも知れない。国も禁煙の方向に動いている。この事にも異論はない。禁煙場所も増えている。禁煙ならば喫煙場所を定めるべきであろう。今、学校の校庭内は前面禁煙。喫煙先生どこで喫煙するのだろう。道路で吸うの?。職務放棄じゃないの?喫煙者は法律違反をしてるのだろうか。喫煙先生を生徒が見ると教育に何か問題でも在るんだろうか。

今、タバコ1箱1000円への値上げを言い出してるご立派な!代議士がいる。正々堂々と消費税増税とは言い切れず、ただただ、社会的弱者!に成っている喫煙者から財源を捻出しようと言うわけ。ふざけんじゃない。

かって、イギリスでもタバコ1箱1000円にしたけれど、闇タバコが流通しだし、1箱1000円は廃止されたとか。さもありなん。

 

今でもタバコ1本、1円の国鉄時代の借金を喫煙者が払っている。今、JR株

いくらしてると思いますか。

その上に1箱1000円!

私も喫煙者であるがそろそろ禁煙しようと思っているけど。

税金を取りやすいところからもぎ取ろうと言う考え、公平公正さを欠いた

卑怯な考え方だ。日本人口の3割強は喫煙者。

 

日本の喫煙者よ。こんな理不尽な増税の方法を黙っているべきではない。

みんなでがんばろう。卑怯な政治家をを・・・・・。

この記事についてのご意見ご感想

地方にとってこれからは地方分権、道州制の早期実現が望まれる。 今、日本国民、特に地方の住民にとって将来に希望があるのか?。地方にとってこれからは地方分権、道州制の早期実現が望まれる。 ( 2008/07/11 )

今、日本国民、特に地方の住民にとって将来に希望があるのか?。地方にとってこれからは地方分権、道州制の早期実現が望まれる。

戦後63年、先人達のご苦労で日本は先進国、経済大国の仲間入りを果たしました。

日本の製造業は1970~80年にかけて、トヨタ、ソニー、ホンダ等の台頭により米国をぬいて、世界一に躍進しました。日本はバブル経済を享受し、そしてバブル崩壊後の「失われた十年」に苦しんでいる間に後進国から追い上げられ、国の予算は年間約80兆円、そして借金は800兆円そのつけが今、地方に重くのしかかっています。

今、戦後63年を振り返ると確かに高度成長までは官僚による中央集権政治と日本国家を憂える高貴な政治家で日本の戦後復活を成し遂げたのは衆目の一致するところであります。時代は変わり、情報も技術も民間主導になってきています。地方行政もただただ、国におんぶに抱っこのシステムでは地方の反映はありえません。十人十色、地方分権、道州制移行が大いに論じられています。その推進役が地方分権改革推進委員会であります。この委員会の勧告に第一に異を唱えるのが官僚、そして族議員(代議士)です。又、地方分権、道州制に消極的な知事、市町村長もいます。今までどおり、国に頼り、楽をしてその職を全うしょうとされているのか。はなはだ疑問です。

皆様と議論を重ね、地域の将来のために頑張りたいと考えております。

この記事についてのご意見ご感想

年金問題・後期高齢者医療制度は国政の怠慢→野党・与党は選挙の具にせず,早急に制度確立をすべきである。 ( 2008/06/23 )

・少子高齢化、団塊の世代とは30年前から言い尽くされた言葉である。

という事は30年目から今のような状態は予想されたことである。30年前は一人の年金者を7~8人の年金掛け金で対応していた。今は一人の年金者を2,5人ぐらいで面倒見ていることになる。30年も前は「年金掛け金」がたまりにたまって、無駄遣いをくりかえし、今のような制度崩壊を招いたのである。国会はお互いに自分達の怠慢は顧みず、党利党略の具にしている。こんな国会で良いのか。迷惑を被るのは国民だ。一刻も早く、国民が安心できる制度確立をすべきである。私も政治家のはしくれ、政治家たるもの身の保全よりも国民、県民のために汗をかくべきではなかろうか。くだらん国会議論、税金の無駄ずかいである。参議院無用である

この記事についてのご意見ご感想
1 8 9 10 11 12 13

シーガイア住民訴訟証人喚問調書

連絡先

宮崎県東諸県郡国富町大字本庄4837番地
TEL. 0985-75-5651 
FAX. 0985-75-8415
メールでのお問い合わせ