雄飛・創造・すぐ実行

私の主張

3.11~2:46 ( 2012/03/11 )

 3月11日、2時46分。昨年のこの日、この時間は東北大震災の日である。2時46分は私がテレビで見た被災個所の止まった時計の時刻である。地震で止まったのか、津波で止まったのかは定かではない。この2~3日は夜の飲み方?が無かったので大震災の特集番組をそして今日11日はたまたま行事も無かったので大震災のテレビ番組をみて過ごした。
 昨年の7月末に同僚議員と被災地に行き、その自然の脅威、凄まじさを身をもって感じ、必ず被災地は復興すると信じながら今日に至ったが被災地を見るだけでは被災にあった人達の苦しみ、悲しみを聞く事も出来ず、ただテレビで地震の被害状況等を見るたびに涙したのを思い出す。それから時間もたち、涙する事も無く、政府の復興対策の遅れに腹立たしさを感じてきた。この2~3日は大震災のテレビをみながら、涙した。その中で(下記添付新聞記事の事)がテレビで放映された時には涙が止まらなかった。「おらは良いから、後ろ向かねえで早く車走らせろ!頑張って生きろ!」声に押され急発進した後ろから「バンザイ!」と家族の脱出を喜ぶかのような叫び声。被災された方々の悲しみ、苦しみを自分におきかえると言葉がでない。
 被災者の方々、しばらくは3.11の悲しみとの葛藤が続くだろうけど頑張ってほしいと願わずにはいられない。
 それにしても「絆」とはなんだろう。今日のテレビコマーシャルで私の勘違いかも知れないが「絆」と言う言葉をつかって「宮崎牛」の宣伝みたいな画面を見たけど、事実とすれば常識を疑いたくなる。
「瓦礫処理」も昨年の7月に仙石氏が瓦礫処理は国がやります。県がやります。と言いながら遅々として進まない。法律にしばられる政府の復興対策には腹立たしさを感じる。本県も400㎞の海に面し、何時同じような地震に見舞われるかもしれない。瓦礫受入れを表明していない本県がその時に他県に瓦礫処理の受入れをお願いできるだろうか。
 本県も安全を前提に瓦礫の引き受けを表明し、「痛み」を分かち合ってこそ、「絆」と言えるのではないのか。それなりの支援物資を提供して「絆・絆」と発信するのは余りのも軽々しい。本県も400㎞の海に面し、何時同じような地震に見舞われるかもしれない。その時に他県に瓦礫処理をお願いできるだろうか。人間、立場をかえて考える事は大事な事だ。
20120312-sinnsai2

この記事についてのご意見ご感想

( 2012/03/01 )

辞書を引くと「絆」とは①動物をつなぎとめる綱の意 ②何らかのきっかけで生じた、今まで比較的疎遠であった者同士の必然的な結びつき。と記されている。
今日から代表質問が始まった。中野一則議員が、知事に対して「東北大震災の瓦礫を受け入れるべきではないか」と言う趣旨の質問に対して、知事は「国が示した基準(放射能)と県民の安心基準に開きがある。安心基準を確り議論していきたい」と言う様な答弁であった。又、知事か、部長か定かでないが「瓦礫処理は市町村が担当している!」と言う様な答弁もあった。
日常の産廃処理と瓦礫の受入れとは意味違いではなかろうか。
今、全国で瓦礫処理の受入れを表明、実施しているのは東京都を始め、4都県!である。テレビで見たが東京都は自前で確り放射能を計測し、受け入れている。又、神奈川県?は焼却灰を計測して、安全性を住民に示している。要は放射能を厳重に計測し、基準値以下であれば受け入れる。と言う事では無かろうか。日経新聞には自然界の放射線量と国内数カ所の放射線量の測定値が毎日載っている。国が示した安全基準がどの様なものか知らないが、今のテクノロジーの技術を駆使すればそこには少なからず「安心基準」成るものが示されるのではなかろうか。
3.11の大震災から後10日で1年になる。今、本当に被災地の人たちが待ち望んでいる事は何であろうか。一刻も早い「復興」ではなかろうか。個々に放射線量の安心基準を議論して結論が出るだろうか。「安心基準の議論」は逃げ口上に聞こえる。「絆」とは何だろう。複雑な気持ちだ。

この記事についてのご意見ご感想

橋下市長・石原都知事・野田首相 ( 2012/02/07 )

標記の名前は昨夜(2/6)のテレビで日本の首相に就任してもらいたい、上位3人である。自民党県議として、甚だ残念だ!あれだけ民主党支持が下がるのに自民党支持が上がらない、何故だろう。自民党は真剣にその理由を議論すべきと思うが何の変哲もない。野党になればやっぱり野党か!と言う感じだ。
先日、自民党の石原幹事長がオヤジ(石原都知事)の第三局のかかわりについて記者からの質問にたいして、「自民党議員に第三局への参画を促す事は人の財布に手をいれて、銭を取るようなものだ」と言う様な発言をしている。この発言を聞いて、これが今の自民党の体質なのかと誠に残念至極。議員とは自分なりの主義主張を持った政治家(主義主張を持たずに選挙に勝つことだけを考えている議員が多いのかも)である。議員を銭に例える話もちょっと意味違いではないだろうか。
国民は今、政治に何を求めているのだろうか。今回の国会も「社会保障制度と税の一体改革」で消費税導入の議論である。消費税の導入が何で改革なのか、行政の怠慢(少子高齢化は30年前からの課題)の結果、国家予算が収入不足で予算が組めなくなった。だから消費税を導入すると言う事である。国民の大半は消費税の導入に約半分が賛成との事であるが、ただ単に消費税を社会保障(年金)に充てると言う事での賛成ではなかろうか。
旧態依然の政治体制を維持し、国家予算の歳入不足を国債で補てんする事では限界に来た。それでは国民から税金を頂こうと言う事では国民は納得しないであろう。今、国民は日本の政治体制の大変革をもたらす、強いリーダー、改革集団を期待しているのではなかろうか。

この記事についてのご意見ご感想

施政方針演説と新党結成 ( 2012/01/29 )

1/24日、第180通常国会が召集された。部分的にその内容をテレビで見る事ができた。野田首相と其々の党首のやり取りをテレビで見ながら、考える事はこの20年に15人の首相が変わり、15年もデフレから脱却できない、世界で類のないお粗末な日本の政治体制の凝縮版を見ているようであった。主たる内容は「社会保障と税の一体改革」である。この要因は30年前から指摘されていた少子高齢化に起因している。
今の政権、民主党が掲げた高速道路料金の無料化、子供手当の支給、無駄行政の見直しによる財源の確保を目玉としたマニフェストの実行は頓挫し、その結果、マニフェストにはなかった増税を持続可能な社会保障の財源として消費税を導入すると言う事である。このような経緯での今回の野田首相の施政方針演説を内容は別にして、真に国民から負託を受けた政権?の姿勢方針演説として、素直に聞く事が出来なかった。
今の政権が取り組む事は社会保障制度改革・行政改革・景気対策(デフレ脱却)ではなかろうか。因みに特許期限が切れたジェネリック医薬品(平均して新薬の5割程度の価格)の使用割合は米国72%、ドイツ、英国、カナダは60%台であり、日本は当面の目標である30%を達成すれば約1兆円の医療費が軽減できるとの事である。(1/23.日経) 社会保障費は毎年1兆円増えると言われているが増税する前にまだまだ、やるべき事があるのではなかろうか。
又、この時期に国民新党代表の亀井氏、たちあがれ日本代表平沼氏が石原都知事、橋下大阪市長に呼びかけ、新党を結成すると言うニュースが流れた。しかし、亀井氏、平沼氏は単に旧態依然の「真の保守?」を標榜する政治家。石原、橋本氏は中央集権体制から地方分権、地方主権を標榜する改革派政治家である。今、日本に必要な政治体制は中央集権体制からの脱却であり「小さい政府」を目指す、改革派新党の結成ではなかろうか。

この記事についてのご意見ご感想

野田改造内閣の発足 ( 2012/01/15 )

1/13日、野田改造内閣が発足したが国民の目は冷ややかで、支持率は横ばいとの事である。閣僚を2人ぐらい変えたからと言って、今の政権の体質が変わると期待する国民はいないだろう。この20年間で15人の総理大臣が変わる日本の政治体質にそもそも国民は失望感を抱いているのではなかろうか。
今、日経の「私の履歴書」は英国のブレア首相の回顧録である。12日の見だしは「官僚のあり方、見なおす。外部登用70人と役割分担」である。一部引用すると「官僚は既得権益に屈服し、現状維持か、物事を管理するのに一番安全な方法に逃げ込む傾向にある。ブレア政権は改革の多くを官邸主導で進める為、政権の中枢部の機能を強化した。・・・首相は大企業の最高経営責任者や会長の様になった。政策方針を固め、それに役所が従っているかを見極める裏ずけデータを入手し、結果を測定しなければならないのである。」と記してある。
そもそも現政権の「政策」とはなんなのか。政治主導とはなんなのか。現時点の政策は「社会保障と税の一体改革」しか見えない。国家予算の(90兆円)半分以上を借金で調達しなければならない現状を消費税の導入による対応を果たして「改革」と言えるのであろうか。日本社会の混乱はまだまだ続きそうである。

この記事についてのご意見ご感想

2012年の始まり ( 2012/01/02 )

新年明けまして、おめでとうございます。
昨年は鳥インフル、新燃岳の噴火、東日本大震災、円高、株安、ユーロ―危機等、日本、宮崎にとっても大変な年でした。又、県議選の年でもあり、皆様のお陰で県議3期目に入ることが出来ました事を衷心より感謝申し上げます。
今年こそは新生日本の夜明けになることを期待をしております。日本の政治はこの20年間に15人の総理大臣を排出し、国民はそのたびに不況からの脱却、政治の変革を期待しましたが何も得るものはなく見事に裏切られ、失われた20年も終わりそうにありません。この事は明治維新から綿々と引き継がれた中央集権体制、官僚政治の統治体制にも起因するものでもあります。本当に日本を憂える政治家はいないのでしょうか。しかし、歴史を振り返れば明治維新、昭和初期、敗戦後の日本復興期等その都度、必ず真の政治家が排出しています。失われた20年に終わりを告げ、新生日本が誕生するとすればそれは橋下市長の「維新の会」の存在ではないでしょか。橋下氏も大阪府知事に就任しなければ、売れっ子弁護士で終わってたかも知れない。知事に就任して初めて、日本の政治体制の大きな歪みを感じ、「大阪都構想・地方分権・道州制」の実現に向かっての行動であると思います。彼が主張している「二重行政」成るものは地方行政に携わった者であれば必ずその無駄、不効率を感じると同時に時代遅れの日本の統治制度の改革を希求するものであり、地方分権が遅々として進まないのは官僚と国会議員がその権益を守らんが為で有ります。
日本の将来を憂える彼の世間を恐れぬ行動、発言はまちがいなく日本再生の始まりになると信じております。我も政治家の端くれとして、新生日本への変革に希望を繋ぎ、この一年を頑張ります。

この記事についてのご意見ご感想

11月議会終了(議会質問からアクセス可) ( 2011/12/15 )

今年最後の議会が終了(13日)。6月議会、9月議会(代表質問)、そして今回と3回も続くとやはり一寸しんどい。質問したい事は頭にはあるけど、その内容を一般質問(質問時間30分)、代表質問(60分)に整理するのが大変だ。今はパソコンと言う武器があるけど、無い時代はもっと大変だっただろう。いつも質問前日は仕上げた質問内容の修正で12時がすぎる。いつも愚妻が言う事は「今回ぐらいは早く仕上げなさいよ」だ。議員生活、9年目にして合計19回の質問と言う事は19回も同じパタンで質問をづくり、愚妻も19回も同じ事を言い続けている。考えると滑稽だけど議員として常日頃、疑問に思う事を文章に整理する機会でもある。

質問した後、時々「もうちょっと追及すべき」と言われる。言われる事は自分も腹八分で質問しているので十分に理解できるし、答弁している知事始め、部長達も質問している内容は十分に理解していることで、質問する方、答える方のくい違いに30分と言う持ち時間の中でやたらに時間を割いてももったいないと思う。それでは何のために質問するのかと言う事になるが、新聞、テレビ、インターネット等で政治に興味ある人、支持者はそれなりに部分的にも理解を示して、その内容の成否を弁別してくれている。所謂(いわゆる)民意?県民が判断している。人間社会では「人の目は誤魔化されない」と言う事だ。議会は知事が提出した予算の「議決」が唯一の権限であることを肝に銘じるべきである。
11議会の録画が「議会質問」からボタン一つで見る事ができます。

この記事についてのご意見ご感想

大阪ダブル選挙(大阪府、大阪市)維新の会 ( 2011/11/27 )

最近、日曜日が行事でつまり、ブログ書くのをさぼってしまった。今日も朝8時30分の綾ホースショーで挨拶、その後、綾町の集落文化祭(9ケ所)を家内と一緒に訪問をした。行
ったところで、御馳走にあずかり、ただただ感謝あるのみ。夜は大阪の選挙結果を気にしながら議会の質問づくりの途中にインターネットをのぞくと、維新の会の橋本、松井氏の当選確実をしった。途端に今日の疲れも吹っ飛んだ。
これで日本の政治(中央集権、官僚の独裁政治!)の変革のきっかけになるだろうし、地方分権も進むだろう。それにしても改革派を支持しない自民党の旧態依存の体質にウンザリする。新しい日本の夜明け?を橋本氏に期待する。宮崎も時世の流れに遅れないように頑張らなきゃ。

この記事についてのご意見ご感想

宮崎県林業公社 ( 2011/11/05 )

11/4日南市で自由民主党県議団役員と日南市、串間市の各業界団体の代表との懇談会に出席した。色々と意見がだされたが、業界ごとに其々の課題等が山積している事は十分に承知しているのでただ意見を聞いていたが一つだけ、新しい知識を得る事が出来た。

それは一本の杉の木の部分的な価格である。例えば、28mの杉で地上から1,2mの胸高直径66㎝場合、①根っこから3mの丸太で末口54㎝の1㎥の丸太平均価格は6、857円  ②根っこから3~7mの4mの丸太で末口42㎝の1㎥の丸太平均価格は9、857円  ③根っこから7~11mの4mの丸太で末口34㎝の1㎥の丸太平均価格は12,360円 ④根っこから11~15mの4m丸太で末口26㎝の1㎥の丸太平均価格は12,697円  ⑤15~19mの4mの丸太で末口18㎝の1㎥の丸太平均価格は11,485円  ⑥19~23mの長さ4mの末口10㎝の1㎥の丸太平均価格は4,680円と言う資料である。言うならば現状の杉の価格は4m丸太の末口で18,26,34㎝が1㎥1万円以上で市場の需要があると言う事である。

このような木材需要の中、林業公社(昭和42年設立)は分収林制度(地主から公社が土地を借り受け、杉等を造林して、その木材を売買し、その利益を地主4、公社6の割合で分配する制度。造林経費はすべて公社負担)を実施しているがその運営には苦戦を強いられている。

現在、公社の負債総額約340億円、県の無利子貸付とその他借入金は全額県が債務保証をしている。県は昭和16年から改革案を作成して、収支改善に取り組んでいるが全て計画を下回り、公社の自己資金は底を尽きた。今回第3期経営企画(平成24~平成29年)でも約13億円の収支不足に成っている。その不足分は当然県からの無利子貸付に頼らざるを得ない。この事業は平成80年度が最終年度となっている。後57年間この事業は継続する事に成る。最終年度を80年に引き伸ばしたのも杉材の価格低迷が続き、採算が取れない為、長伐木(大径材 半径=38㎝)にして売買しようと言う計画である。しかし、現状ではその需要は少なく中目材と比べて20~30%安い価格で取引されていると言う事である。林業公社の3期経営企画(平成24~平成29年)が現状で13億円の収支不足になっている。29年度は如何なる事だろう。現状では約340億円+13億円=353億円、負債は増加するばかりではないだろうか。杉を大きく育てて、高く売れる要素は幾ら考えてもでてこない。県は公社改革を標榜しているが公社の負債を増加させる事は知事の責任か、その予算を議決した議会の責任だろうか。無責任に考えれば57年経った暁には今の関係者は誰もいないと言う事だ。

この記事についてのご意見ご感想

自民党「政経セミナー2001」 ( 2011/10/17 )

10月16日「政経セミナー」が開催された。講師は自民党幹事長石原伸晃、政治評論家の金美齡氏の二人。最近、人の話で満足した事が無いが77歳の金氏の講演に久しぶりに満足した。立ちながら一時間の持ち時間である。日本人と台湾のかけ橋として活動されている。日本人以上の日本に対する「愛国心」をお持ちのようだ。もっともっと特に若い日本人に聞いてもらいたい講演内容だった。久しぶりに充実した一日であった。

この記事についてのご意見ご感想

シーガイア住民訴訟証人喚問調書

連絡先

宮崎県東諸県郡国富町大字本庄4837番地
TEL. 0985-75-5651 
FAX. 0985-75-8415
メールでのお問い合わせ