雄飛・創造・すぐ実行

お盆とオリンピック ( 2012/08/17 )

*時々、仏壇の先祖、祖父母、両親を拝むがお盆に拝む感じは常日頃とは何となく違った感じがする。何故かと思うとお盆には「先祖の霊」が家に帰ると言われる所以であろうか。いずにしても神棚に手を合わせるときは何となく気が休まる時である。それにしても大震災で多くの家族を無くした方々の「初盆」・・・・空(むな)しさ、悔しさ、寂しさ、絆、絆と皆言うけどその心情たりは当事者以外に理解する事は皆無だろう。いま丁度8/16.10:30 大震災のNHKスペシャルをみながら妻が涙をながしている。震災から1年と5ヵ月になるけど被災地の首長は復興は進んでいないと言っている。国政は何をしているのだろう。党利党略か?

*ロンドンオリンピックも終了した。結果としてはメダルダッシュ、史上初、24年ぶり、48年ぶりと言う言葉が出るぐらいの日本の成績である(メダル総数過去最多)。自分も夜更かしをしたけど、その分勇気と元気、感動を貰った。特に今回の大会は「女子力」に感動を覚えた。オリンピックを目指すアスリートたちの不断の努力とは如何なものか、想像だに出来ないが思うにオリンピックを目指し、金メダルを目指し、日の丸を上げる事を日々一生懸命努力するのみであろう。オリンピックは国家間の競争である。メダリストが国旗を背負いグランドを駆け巡る姿は何とも言えない快感を覚える。そのことはどこの国民も同じであろう。思うに一部の国民の中には国旗、国歌を否定する人はどの様な心境で日本国旗を見ているのであろうか?そして又、政治家も4年間(6年間)の任期の中でアスリートみたいに国政に邁進すれば日本の政情も変わるのではなかろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シーガイア住民訴訟証人喚問調書

連絡先

宮崎県東諸県郡国富町大字本庄4837番地
TEL. 0985-75-5651 
FAX. 0985-75-8415
メールでのお問い合わせ