雄飛・創造・すぐ実行

いじめ・自殺・先生・警察 ( 2012/07/14 )

 最近のニュースでの話題は大津市のいじめによる中学生の自殺である。それも毎日毎日日替わり定食みたいに自殺に関する新しい実態がさらけ出されている。それにしても関係者の言動に腹が立つばかりである。①まず大津市長泣きながらの会見、私が知りたいのは自殺に関する教育委員会の報告がどの様な内容のものだったかを公表すべきである。②テレビでは教育長が主に対応しているが教育長としてはこの事件に関していじめの段階から報告を受けていたのか、自殺後に報告を受けたのか、受けたとすればどの様な内容であったかをすべて公表すべきである。③いじめによる自殺?だとすれば当然、校長、教頭、担任の先生がテレビ等で前面に出て対応すべきである。
 
 何でテレビは教育委員会ばかり取材するのか、いじめによる自殺だとすれば先ずは現場(学校)の対応を確り報道すべきである。テレビ報道を見る限りでは単なるいじめを逸脱し、犯罪だ。校長、教頭、担任も言い分があるだろう、確り学校としての対応を述べてもらいたい。県警も県警だ。保護者が3回も県警に相談に行っているのに今さら強制捜査を行うとはただ単に世間の高まりを受けての責任回避だろうか。誠に情けないはなしである。いじめによる自殺は今回が初めてではない。学校が警察がもう一歩踏み込み何らかの対応をしていれば尊い命は失われずに済んだのではなかろうか。本県でもこの様な事件が無いように県議会としても常に関係機関に警鐘を鳴らしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シーガイア住民訴訟証人喚問調書

連絡先

宮崎県東諸県郡国富町大字本庄4837番地
TEL. 0985-75-5651 
FAX. 0985-75-8415
メールでのお問い合わせ