雄飛・創造・すぐ実行

雑感 ( 2012/06/10 )

 久しぶりにこの画面についた。兎に角、今年の4~5月はやたらに総会、夜の懇親会がおおかった。あまり飲めない私にとっては少々バテ気味だ。しかし、選挙する人間にとってはありがたい話でもある。それにしてもその間、余りにも元気の出る話題が無くて、総会の挨拶は日本経済、政治の悲観的な話になってしまう。夜のニュースを見ると原発に関する事、社会保障制度と税の一体改革についてであり、進展する内容ではなく同じようなことばかりである。野田総理も民主党のマニフェストにない消費税増税にどこまでこだわるのか、理解が出来ない。日本にとって、今やるべき事はデフレからの脱却、行政改革そして消費税の検討ではなかろうか。
 今日(6/10)のテレビニュースで三党協議に入っても自民党が要求している民主党のマニフェストの撤回等には応じられないと野田首相が発言している。日本政治の低迷は何時まで続くのだろう。被害者は国民か、それとも選挙で選んだ国民の責任か、兎にも角にも解散、総選挙が必要だ。国ばかりではない、宮崎も元気の出る話がなさすぎる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シーガイア住民訴訟証人喚問調書

連絡先

宮崎県東諸県郡国富町大字本庄4837番地
TEL. 0985-75-5651 
FAX. 0985-75-8415
メールでのお問い合わせ