雄飛・創造・すぐ実行

日本の危機管理 ( 2012/04/13 )

 この一週間ぐらいの話題と言えば北朝鮮のミサイル?発射の有無。4月13日の8時30ごろにテレビのスイッチをいれると「7時30分ごろにミサイルが発射された!」との報道がながれているが政府の正式発表はされていない。いったい発射はどうなっているのだろうといらいらしながらテレビを見ていると「今朝7時38分!に発射された」との政府の正式発表がされた。約1時間の空白時間。韓国、米国等では発射(7時38分)については早急な政府発表がされたようである。沖縄県では「ジェイ、アラーム」も鳴らなかったとの事である。
 今、夜の11時45分になるがニュースでも日本政府の「発射」に関する正確な情報収集の方法等については報道もされず、今日は有事における日本政府の対応(危機管理)について苛立ちと不安が募った1日であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シーガイア住民訴訟証人喚問調書

連絡先

宮崎県東諸県郡国富町大字本庄4837番地
TEL. 0985-75-5651 
FAX. 0985-75-8415
メールでのお問い合わせ