雄飛・創造・すぐ実行

石原東京都知事・橋下大阪市長~密談 ( 2012/04/05 )

 4月4日石原氏が大阪まで出向いて橋本氏との「密談」の報道をしている。記者たちは内容が取れずに憶測の範囲から何も出ない。5日に分かった事は石原氏が「維新の会の講師」を務めるとか?こんな事で石原氏が自分からわざわざ大阪に出向くだろうか。石原氏が自分を講師にしてくれと言う事で大阪に行くなんて子供だましも良いとこだ。石原氏の大阪訪問はやはり石原氏からの「相談」をする為に大阪訪問をしたと推測するのが筋だろう。
 橋下氏、石原氏、みんなの党で新政党を結成するのか、それとも三者で強力な連合体制を構築するのか、これまでの3者の主義主張から考えても最も妥当な結成の在り方と思う。
 次に考えられるのは現自民党の小さな政府派(改革派)の前首相の安部氏、中川秀直氏等も合流するのではなかろうか。現に改革派の小泉,安部氏を支えた元官僚で省を追い出された高橋陽一(財務省)、古賀茂明両氏(経産省)とも大阪市特別顧問等に就任している。つまり「小泉、安部氏を支えた改革派官僚・日本の将来を憂える官僚」が大阪に結集していると言う事だ。
 今、石原氏の悩み!は石原氏と橋本氏の主義主張では意気投合しているが単なる古い保守主義を標榜し改革の欠片もない亀井氏、平沼氏の対応に少々苦慮されているのではないだろうか。今回の石原氏の大阪訪問は新党の結成メンバーのすり合わせではないだろうかと自分は思う。又、愛知県の知事、市長(名前も出てこない)は改革と言う名の役者にすぎない。
 こんな憶測は日本の将来を憂える私の願望にすぎない。「当たるも八卦、当たらぬも八卦」である。 
 世界で20年間に16人も首相がかわる国はどこにもない。20年もデフレがつづく国はどこにもない。我も自民党だけど旧態依然の自民党で大丈夫かな!自民党の改革派はもっと大声を出すべきだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シーガイア住民訴訟証人喚問調書

連絡先

宮崎県東諸県郡国富町大字本庄4837番地
TEL. 0985-75-5651 
FAX. 0985-75-8415
メールでのお問い合わせ